ホーム » 日記 » 目元の気になるしわ。美容液がなぜ浸透してくれないの?

目元の気になるしわ。美容液がなぜ浸透してくれないの?

■美容整形並に小じわが改善される方法があるって本当?★
最近、30歳を越えたあたりから、乾燥が激しい日やお手入れをサボりがちだと
すぐに目元に小じわが出現してしまいます。

本当に、年齢や疲れが出やすい目元のケアって重要ですよね。
そこで、色々な美容液を試してみることにしたんです。

ランコムや、エスティーローダーなどクチコミで話題の高価な美容液も、
私の目元にはあまり効果がなく・・・。

合コンに出かけても、「僕より年上ですよね?」と同じ年齢の男の子に
敬語で話しかけられる始末。(σ゜д゜)σちげぇょ!!

これでは本当にまずい!と思い、お肌が綺麗なことで有名な、会社の隣の部署の先輩に
秘訣を聞いてみることにしました。

そうしたら、「私も昔は目元のしわで悩んでいたよ〜」という答えが返ってきたんです。
え?どうやってそんなにハリのあるお肌になれるの?

・・・まさか、美容整形?
そんな風に思っていたところ、先輩は私の肌をじーっと観察して、
「バリア機能が弱っているみたいだね。それを治せば小じわも改善されるかも!」と
アドバイスしてくれたのです。

そうです。先輩は美容整形でリフトアップしたのではなく、「バリア機能」を強化したので
お肌がつるつるになったのです!

■まさか私が敏感肌状態だったなんて?★
今まで、肌のバリア機能について全然意識していなかった私は、もう一度そのメカニズムについて
勉強することにしました。φ(.. ) メモメモ

美肌の基本は角層にあるといっても過言ではないんです。角層とは肌のもっとも外側にある
わずか0.02ミリの部分のことをいいます。

ここの薄い部分が皮脂膜でおおわれていて、このバリア機能が水分の蒸発を防ぎ、
外部からの刺激をシャットアウトしてくれているのです。

しかし、加齢や乾燥などの要因により、肌のターンオーバーが乱れると、角質細胞間脂質が減少すると、
肌の保水力が低下してしまい、必要な水分量を保てなくなってしまうんです。

これが先輩の言っていた「バリア機能が低下している状態」。私の小じわが目だってきたのも、
肌の保水力が低下していたというわけなんですね。

一度、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、肌は急いで角質細胞をつくろうと頑張ります。でも、
これは急いでつくられたため、とても未熟なものなんです。

未熟な角層は十分に肌の水分を保つことができず、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまう
「敏感肌状態」となってしまうのです。

■まず、肌のバリア機能を強化するのが先決?★
大きな肌トラブルもなく、自分が敏感肌であるという自覚もなかったのですが、敏感肌状態におちいっている
症状を聞いて、とても納得しました。

肌の保水能力が弱っているので、エスティローダーの美容液もちっとも浸透してくれなかったのですね。
塗った先からどんどん蒸発していってしまった・・・と思うと、もったいない気持ちになります。。゚(゚*´Д⊂グスン

目元のしわを薄くするより前に、まず美容成分を浸透させることが先決です。それには失われた
バリア機能を強化してくれるコスメが必要ということで、これまでのスキンケアを見直すことを
決意したのです。

その具体的な方法は、またご紹介しますね。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。